新しい通貨システム!ビットコインを使える店が増えている理由

新しい通貨システム!ビットコインを使える店が増えている理由

飲食店

新しい支払い方法

飲食店でビットコインでの支払いが可能な店舗も増えてきています。現金やカード払いとは違う、ビットコイン決済はサービス提供者にとってメリットが多いと言われています。その為、新宿など都市部で、大衆居酒屋、個室店舗など色々な店舗で導入が増え続けているのです。実態を持たないお金として、安価に、素早く、手軽に利用が可能なビットコインの利用は新しい支払いシステムとして、今後日常的に目にすることになると思われます。

食器

ビットコインとは何か

ビットコインはECサイトや実店舗だけでなく、公共料金の支払いでも利用可能とする企業があり、年々その利便性も高くなっています。ビットコインとは仮想通貨のことで、通常の紙幣や硬貨とは違い実態の無い通貨になります。元々webでの利用が主流で、使える店はまだまだ少ないですが、消費税の緩和や管理・お金の移動が簡単で早いことから、飲食店などで多くの企業が導入し始めているのです。

食事

ビットコイン利用のメリット

ビットコインは金融機関の利用より、手数料が安くなっています。実態を伴わないお金の形なので、低コストで、早く資金の移動管理が可能なのです。また管理システムが24時間動いているので、金融機関のように営業時間外に使えなくなるといったことが無いのです。金融機関を通さずに独自のシステムで管理しているため手続が簡単で、早く、安く使えることが、ビットコインのメリットとなっています。

ビットコイン利用法

食器
no.1

ネットショップ

元々使用されていた、ネット通販などwebでの利用が最も多くなります。送金が素早く行える事、手続が簡単な事でネットでスムーズに買物ができる為重宝されています。

no.2

実店舗

飲食店や家電量販店など実店舗での導入も増えてきています。金融機関を通さないビットコインは外貨両替の必要がなく、旅行客を狙った新しいシステムとして注目されているのです。

no.3

公共料金

電力の小売化に伴い参入した新電力会社でビットコインの支払いを導入しています。電気代金だけでなく今後、ガスの小売化が始まるため、公共料金の支払いで、利用可能な場面も増えていくと考えられます。

広告募集中